忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
128  127  126  125  124  123  122  121  120  119  118 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実は、今回のタイトルは「東京おもちゃ美術館■■■

になる予定でした。

前々から気になっていた美術館だったので、出不精夫婦二人で頑張って、

休日に意気込んで出かけてみたものの。

その手前数十メートルのところに立ちはだかる、妙に豪華な建築物の消防署。

ガラス張りの1階窓から、はしご車がおいでおいでをしています。



・・・そんなワケで、

ガラス窓に張り付いて動かなくなってしまった息子の意思を尊重し、

急遽予定変更して「消防博物館■■■」見学となりました。

こちらの博物館。

入場無料だし、乗り物ダイスキな男児は大興奮で喜ぶ施設。

ヘリコプターの操縦席に乗ってみたり、



消防車の運転席で、消防隊のコスプレ・・・じゃなくてユニフォームをまとって、

サイレンを鳴らしたりもできます。



但し1点だけ注意点が。

エレベーターで最後の見学階である地下一階に降りた際、

丁度コドモの目線で思いっきり目に付き易いところに、

消防車や救急車のミニカーが売ってます。

ネズミ捕りにかかったネズミのように、全ての子供たちがここで罠にハマって、

「買って~!買って~!」と彼らの親やじじばば達を辟易させておりました。

エレベーターを降りる際には、子供さんを抱っこして視界を塞いでおくことを、

是非ともオススメします。



そんなこんなの子連れ散歩。

お陰であれん氏は、この後ぐっすり寝てくれました。

連れ歩いたワタシ達も、館内を駆け回って喜ぶ彼を追い掛け回して、

更にぐったり・・・ 泥のように眠りました。








PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]