忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
130  129  128  127  126  125  124  123  122  121  120 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20代の頃。

アグレッシブな言動で何かと周囲に話題を振りまいていたワタクシですが、

その頭の中で思い描いていた未来の自分像や夢などは、

表に出ている言動とは裏腹に、至ってシンプルでかわいいものでした。

「結婚して、子供を育てながら、自分の好きな仕事をイキイキとする」

「自分が設計した家で、自分の好きな空間に包まれて生活をする」



それが何故か、全くとんちんかんな方向にどんどん逆走していって、

自分の描いている理想の未来とは距離がみるみる離れていって、

終には,自分が結婚して子供を産むなんてことはないかもしれないってところまで、

一旦は行き着いたこともありました。

「自分が思い描いている夢は、こんなにも平凡でちっぽけなものなのに、

 それすらも実現することができないなんて・・・」

と、嘆いたことも正直ありました。

でも、いつの間にかまた少しずつ、向かっていた方向が軌道修正されて、

離れていた夢との距離が縮まっていって、

今、当時の夢は全てワタシの手中にあることに、ふと気付きます。

膨大な距離と時間の遠回りの末に、やっと到達した過去の自分の夢。

振り返ってみれば、その遠回りを経たからこそ実現できている「いま」が

たくさんあるって事にも気付かされ、驚かされます。

漠然と思い描いていた未来像で、

その輪郭はとってもぼんやりしていたものだったけれど、

根底に流れているものさえ見落とすことがなければ、

イメージし続けていれば、

その願いには、いつか到達できるものなのかもしれません。



さて、そんな「今のワタシ」が思い描く将来の夢は。

「死ぬまでに1つでいいから、ホテルを造る仕事に携わりたい」

「息子が10歳になったら、家族3人で自転車を担いで海を渡り、

 どこかの国を走破したい」

と、こんな感じです。

相変わらず、さほど壮大なスケールの夢ではありません。

デモ、この「ちょっと背伸びをして手を伸ばしたら届きそうな」ことの実現が、

思いのほか難しかったりします。

これから先、どんなまわり道や迂回を経て、ここに到達していくのか。

果たして到達することが出来るのか否か。

それはまだわかりませんが、とにかくイメージはし続けていきたいなと思います。









PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
おひさしぶり~。
うんうん。良かったよねえ。masuちゃんの幸せ、日々のブログからすっごく伝わってくるよ。
やりたいようにトコトンやってみて、本人が納得してからじゃないと、人生、次に進まないもんね。
私も紆余曲折を経て・・・・、いまだに紆余曲折してますが・・・(^o^;
そうか EDIT
at : 2008/05/29(Thu) 20:04:23
こんばんは☆
願えば叶う!
私もそう思って日々過ごしています。
昔から、
「お花屋さんと結婚したら、ずっと花のシゴトができる」
そう思っていましたから!
MASUさんの次なる夢も、
これから旦那さんと始まる二人三脚と、あれんたんが、たくましく育っていること。(あの走りっぷりなら、相当足が強いはず!)などなど、楽しく前に進んでいるように見えます。
我が家も次なる夢に向かって、イメージ、イメージ。
願えば叶う!ですね♪

Calen URL EDIT
at : 2008/05/29(Thu) 21:16:44
そうかちゃん
ひさしぶり~♪
そうかちゃんには、まさしく「ブーメラン!」みたいな軌跡を描くワタシの紆余曲折を、折にふれ見守ってもらっていたもんねぇ・・・きっとハラハラしていたことと思いますが、でもいつも「とことんやりたいようにやらないと、自分が納得できないだろうから・・・」と、姉のように遠からず近からずの距離であたたかく見守っててもらって、とっても感謝してるのだ。
これからも、また何かしらゴチゴチぶつかることもあるかもしれないかな?ワタシも・・・40代は少しは落ち着くかもって、思ってるんだけど・・・あ、甘い?!
masu EDIT
at : 2008/05/30(Fri) 09:57:12
Calenさん
ワタシたちが家族共同経営に一歩を踏み出すのも、Calenさんを始めとする自営仲間たちがすごく素敵にお仕事されてる姿を見せてもらっている影響が少なからずあると思いマス。そういう意味では、本当に今の環境は恵まれてるね!

あれんたん、自転車旅行付き合ってくれるかナァ・・・「ママ、遅いよ~!」と言われないように、ワタシが一番頑張らなくちゃだったりして・・・
masu EDIT
at : 2008/05/30(Fri) 10:08:25
まさに
>根底に流れているものさえ見落とすことがなければ、
イメージし続けていれば、
その願いには、いつか到達できるものなのかもしれません。

同感です。

イメージしている方向に人は向かっていく、
と同僚に励まされたことがあります。

まさにそうかもしれませんね。

遠回りでもなんでもなく、
いまに至るまでには
そのすべてが必要だったのかもしれません。

ホテルか・・・すごいなぁ。
kako URL EDIT
at : 2008/05/31(Sat) 08:40:17
kakoさん
沢山のコメント、どうもありがとうございます。忙しい時期なのに、いろいろと目を通して下さって嬉しいです。

回り道に見えることが、一番本当は近道だったってことも沢山ありますね。「急がばまわれ」とはよく言ったもので。色々と周囲には心配かけることも多いけれど、やはりどっぶりとその状況に身を沈めて、身体で感じ取ったことっていうのは、後々にもしっかりと身に染み付いていることも多かったりします。だから、たとえ無駄に見えるようなことでも、やらないよりはやった方がいいし、それが違うと思えば途中で軌道修正すればいい・・・というのが、今のワタシの歩き方デス。
周囲には、「もう少し、行動する前に考えよ!」と言われなくもないのですが・・・えへへ。
masu EDIT
at : 2008/06/03(Tue) 10:05:51
TRACKBACK URL 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]