忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
77  76  75  74  73  72  71  70  69  68  67 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思いつきで旅立つことになった京都。

実にワタシ達らしく、満喫してまいりました。

子連れ旅行の例に漏れず?あれんたんも二日目には熱を出し。

数ある寺社仏閣の中で、

お参りをしたのは宿の近くの路地裏、相槌神社という小さなお社のみ。

うつわ病が悪化したママが「旅費より高い」うつわに散財。

最終日には、奈良の法隆寺を見る予定がくたびれてなし崩し的に街歩き。

・・・とまぁ、こんな具合で相変わらずのとんちんかんな珍道中でした。



滑り出しはよかったのですがね。



南禅寺の三門から始まったワタシ達の観光めぐり。

あれん氏は、

寺の敷地内に入るとしきりにお経らしきものを唸り続けていました。



圧巻の三門の柱を見上げて。



何か感じるものがあったのでしょうか。

だてに坊さんちっくな名前なわけじゃぁないのかも。

紅葉には少し早めの京都でしたが、

葉の緑がやわらいできてこれはまた風情がありました。





そして二日目には、いそいそと清水・茶碗坂へ・・・

ここで見つけた一軒の風情ある器やさん、東哉さん■■■



こんな素敵な中庭を潜り抜けると、

見事な器が並んでいます。

どれもオリジナルの一品たちだそうですが、

こちらの作者の方、色使いといい柄といい手触りといい、

全てにおいて絶妙のバランスで非常にセンスのいいものばかり作られています。

一目惚れしてしまったこちらの藍染の器。



その奥にある黄色い器と一緒に、「はい!お買い上げ~!」

この旅で、このお店に巡り逢えたことが何よりの収穫だったかもしれません。

東京は銀座にもお店があるとのこと。

これからほんとうに少しずつでしょうが、

こちらのお店の器、増やしていきたいと思っています。



三日目には予定だった法隆寺はまたの機会にとっておくことにして、

ただただぷらりぷらりと散歩です。



歴史の懐の深さを肌で感じながら。



何故か商売柄こんなものにも目を留めつつ。

目指すは一日目に時間が遅すぎて全て閉まっていた錦市場へ。

オイシイものをつまみながらのそぞろ歩き。



市場はどこの国でもやっぱり楽し!



こうして、ワタシ達の京都の休日は過ぎていったのデシタ。



家に帰り着いてから、何故か超スーパーハイテンション!なあれん氏。

「ここぞ!我がテリトリー!」って感じで走り回っていました。

みんなで旅行も楽しいけれど、

やっぱりお家が一番!

お家がダイスキ!

そう思える・感じられる場所をつくることができて、

ママはママとしても、設計者としても、同じくここで暮らすワタシ自身としても、

とってもシアワセなのでした。





PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]