忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
101  100  99  98  97  96  95  94  93  92  91 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰の更新です。

冬の恒例?息子のアレルギーや発熱であわあわ。

それ故溜まった仕事に更にあわわ。

というわけで、非常に地味~な日々を送っておりましたワタクシです。

よってネタもないので、あわわの張本人の近況でも。



あのオトコも今日で生誕から20ヶ月を迎えます。

普通に言えば1歳8ヶ月っちゅう、なんのスペシャリティーもない時期ですが、

20ヶ月というと、なんだかキリもよくて特別なカンジがします。

しかしながらこのオトコ。

生まれてから20ヶ月も経つのに未だ毛がはえそろっておりません。

人生長いし、抜けるのが人より早いより生えるのが人より遅い方がまだいいわと、

非常に楽観的に構えておりましたが、それにしても遅い。

一部を除いては。



この通り。

前髪を見る限り、どうも巻き毛のようです。

このビミョーな毛の生え方が非常にシュールで嫌いじゃぁないのですが。

一体いつ頃ふさふさになってくれるのでしょうかねぇ。



さて。

日々「今が一番かわいいかも!」という気持ちが連続して20ヶ月が過ぎましたが、

ここ最近、

更にその気持ちのギアが一段階、かちゃりと音を立てて上がった気がします。

一つはやはりコミュニケーションが取れるところまで成長してきたこと。

まだ完全な会話は成り立ちませんが、こちらの言っていることを理解して、

それに対する反応がかえってくることが、

こんなに楽しいこととは思いませんでした。

しかもまだ、「やだ!」とか「ムカツク!」とか、

こちらに対してネガティブなことは言葉として表現できず、

ただただかわいい反応ばかりがかえってくるオイシイとこ取り状態。

「○×△□※ だねぇ~」

なんていわれちゃうと、意味がわからなくても「うん、そうだねぇ~」と、

ふにゃふにゃになって返しちゃいます。

それに加えて程よいサイズ。

今となっては大分カサも増しましたが、

それでも両腕の中になんとか納まるサイズ。

母の腕の中で胸に顔を埋めて、更に潜り込もうとするその仕種には、

「いとおしい」という意外の言葉が思い当たりません。

こんな経験をワタシ自身にさせてくれる運命の神サマに、

ただただ感謝の気持ちでいっぱいになります。



さて、順調に平均的な成長を遂げているこのオトコも、

いくつか人並み外れて発達しているところもあります。

まずは食に関する執着心。

生まれた時からいい飲みっぷりだったこのオトコですが、

それが離乳食から一般食に移り変わっても常に一歩先を行っている感じです。

おいしそうなものを前にすると、

「うわぁ~!!」

と見ているこっちまでついつい笑ってしまうような感嘆の表情をして、

「うんめぇ~! うんめぇ~!」

と、こちらの腰がくだけるような見事な食いっぷりを披露。

人の喜ぶ顔が見たいと料理をしている方々にとっては、

これ以上絶好の対象はないであろうと思われる反応が返ってきます。

そしてもう一つ。 音に対する反応の良さ。

もっとずっと小さな頃から、音楽に対しての反応はよく、

ノリノリで身体を揺らしたりしていたのですが、

最近身体を動かす技能も上がった為に、更に顕著に現れてきました。

8ビート、16ビート・・・

流れる音楽のテンポやリズムによってそのノリ方はちゃんと使い分けられていて、

なんというか、「血が騒ぐ」としか言いようのない反応でノッています。

踊らずにはいられない・・・という感じ。

オマエにはラテンの血が流れているのではないか?と本気で思う今日この頃。

ここは是非とも、このままいい風に伸ばしていけたらいいなぁと思います。

音に対する反応が良いってことは、

五感の一つが豊かに機能しているってことであり、

それは人生楽しむ上で非常に有益だとワタシの経験で感じていることなので。

例えば日本の中では限られたスペースで音楽を聴いたり踊ったりしていますが、

いざ一歩外にでれば街中いたるところで

ひょんなことから歌が始まりテーブルが鳴らされ踊りが続き・・・

そんな場面にたくさん遭遇します。生活の中の一部という感じで。

そんな場面の中に一歩自分の足を踏み入れられるか否か。

輪の中に入ってみて感じる高揚感や充実感は、

外から眺めているものとは全く違うもの。

この一歩から、新しい出会いがあったり別れがあったり、

ほんの一瞬の幻のような宴だったに過ぎなかったり。いろいろあるけれど。

カタチには残らないけれど、幻のような色鮮やかなそんな時間が、

心の中にいつまでも深く深く刻み込まれることも沢山あります。

そんな経験が一つでも多く彼自身の中に取り込めるといいな。

そう思って、これからも大事にしていきたい感覚の一つです。



生まれてやっと20ヶ月経ったあのオトコ。

ママになってやっと20ヶ月たったこのワタシ。

まだまだ先は続きます。






PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]