忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  164 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日ご紹介していた、土楽さんの土鍋■■■




なかなかご紹介できずにいましたが、ここのところ毎日のように使っています。

そして毎日のように感動しています。

スバラシイお鍋です。

お肉などは、本当にふっくらとしてその中に旨味がつまっている感じの仕上がり。

口の中に運ぶと、そのぱんぱんに飽和していた旨味がふわ〜っと広がるんです。

こちらの土鍋で調理した食材のやさしい仕上がりと、

しみ込んでしみ込んで、奥深い味にできあがるお料理達がおいしくて、

最近では圧力鍋よりも重宝しています。



本日は、そんな土鍋レシピをいくつかご紹介。

まずはこちらから。



以前の宴で皆で感動した中尾彬鍋■■■の洋風バージョンです。

基本は豚バラ肉+白菜+日本酒に塩・胡椒の組み合わせでしたが、

洋風バージョンは、豚ロース厚切り+キャベツ+白ワインに塩・胡椒です。

最初に少しばかりニンニクやセロリ、タマネギ少々を炒めておいて風味を出し、

そこに塩・胡椒をしてあった豚ロースをぶつ切りにして炒めます。

後は白ワインをドボドボ・・・キャベツを蓋のようにして肉の上に敷き詰めて、

更に塩・胡椒で味を整えるのみ。

土鍋の蓋をして、ぐつぐつと弱火でじっくりと煮込みます。

水気が足りなくなったら水かワインをお好みで加えて。

キャベツがくた〜っとなって肉の味がしみ込んだら出来上がり。

ほんっとに簡単ながらも、キャベツの甘みと肉の風味が美味しい一品です。

特に土楽さんの土鍋でやると、一層美味しさが引き立つメニューだと思います。



さて、もう一品がこちら。



トマトとミートボールのタジンです。

土楽さんの黒鍋は底が浅くて蓋が深いので、

モロッコ料理で使うタジン鍋のようにも使えます。

こちらはワタシがモロッコで教えてもらったメニュー。

スパイスを色々いれて、ちょっとエキゾチックなミートボールを味わえます。



最後に茄子や、インゲンなんかを入れて彩りを添えて、

チーズをパラパラと落としても美味しいです。

味の決めてはやっぱり「クミン」というスパイス。

独特のコクがあって、この香りを嗅ぐとモロッコを思い出します。



寒い冬にはおすすめの簡単お鍋たち。

是非お試しください♪

そして土楽さんの土鍋たち。

最近は随分とあちこちで人気のようですが、

本当に我が家に来てくれてありがとう!と思える、納得の一品です。

今年の冬は、まだまだ毎日のように活躍予定です。



PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]