忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日少し写真でご紹介したS邸。

クリーニングも済んで、若干残工事があるものの大方は完了。

では、まだ電気工事等残っておりますが、本日ご紹介致します。

まずは念のため、プランをもう一度。



今回工事では、予算の関係で図面左側のグレーの部分は手をつけませんでした。

将来的にはここを貸室として手を入れて使う予定ですが、しばらくはこのまま。

でも、お蔭でお施主さんが工事中の仮住まいを新たに借りる必要もなくなり、

工事の経過を日々身近で見ながら生活することができました。

大々的なリフォーム工事の場合、この仮住まいの確保も大きいです。



それでは玄関扉を開けて中に入ります。

貸室との共用廊下の正面が内玄関です。



扉の奥は、ダークグレーのシックな空間。



ひょうきんな顔をした猫の置物がお出迎え。



おや、もう一匹。

お施主さんたちがかわいがっている猫ちゃんです。

廊下は両壁面ともダークグレーの壁紙。



狭い空間をより引き締めて、穴倉を通り抜けるように奥に進みます。

ちょっと茶室っぽい演出の仕方ですね。

そして廊下の壁紙が連続して続く壁面に導かれるように、



リビング・ダイニングに足を踏み入れます。



この壁を、ウェルカム・ウォールと名付けました。

天井にはユニバーサル型(角度調節可能)のダウンライトが仕込まれており、

壁面とそこに飾る絵画等をライトアップできるようにしています。



そうしてダークな世界から、



そう。ぱっと開ける明るい白の空間が鮮やかに広がります。

このメリハリによって、訪れた人もちょっとしたサプライズを感じられる演出です。

こういう抽象的でメンタルな部分に訴えかけるしかけを仕込むと、

住空間もぐっとドラマティックになります。

インテリア上級者っぽいこだわりですね。でも、それだけではないのです。

今回はフローリングも建具も既製品の白を使用しました。

白は部屋が広くも感じられるし、

家具なども合わせやすいということで非常に便利な色ではありますが、

床・壁・天井全てが白・・・だと、病院みたいな寒々しい空間になることも多いです。

そこにこうした色モノを使用すると、

それが例えダークな今回の様な色のクロスであっても、

がぜん空間の温かみが増すのです。

上手くいえないのですが。

人間らしい空間になるというか、血が通った空間になるというか。

どうしてもワタシが手がけるものは、そういった人肌のぬくもりみたいなものが、

入り込んでしまいますね。

それを気に入ってくださるお施主さんがいてこそ、実現することではありますが。



さて、リビング・ダイニングに一体化されたキッチンの方ですが、



こちらはこの通り、非常にシンプルなものです。

設備はコストを抑える為にできるだけ他のインテリアと喧嘩にならないもので、

かつ、値引率のいいものを優先的に選びました。

スペースにも限りがあるので、幅も1800mmという決して大きくないサイズ。

それでも一ひねり、二ひねり。

白のシンプルなキッチンに、

ダークグレーのグラニット調のキッチンパネルを合わせたおかげで、

ぐっと高級感も増しました。

更に狭い空間を最大限活用して、

キッチンカウンター横にコンセント内臓の棚があります。



同じキッチンパネルで仕上げてあり、水がかりの部分でも安心です。

ここには炊飯器やトースターなど、

キッチンで使用するちょっとした電化製品が置けるようになっています。

こういうちょっとした事で、狭い空間もぐっと使い勝手がよくなります。



それでは、リビングダイニングの奥に位置する寝室へ。



ここはまたダークグレーの柄クロスが壁面と天井の一部まで覆っています。

寝室なので、色に包まれるような安心感を感じられる設えです。

ここまで濃いクロスですが、他の建具やフローリングが白系なので、

暗すぎることもなくバランスが取れた空間になっています。

まだ残工事が残っているので、引渡しはまだもう少し先なのですが、

既に窓辺の棚にはお施主さんのCDが「待ちきれない!」とでもいうように、

綺麗にレイアウトされてディスプレイされていました。

既に彼女がこの家での生活を楽しみ始めていることが感じられて、

設計者としてのワタシも、とっても嬉しかったです。

こういうことが、この仕事をしていて一番のご褒美なんですね。



片付けるべきものは片付けて、飾るべきものは美しく飾る。

この家が出来上がったら、あそこにあれを置いて、ココにはこれを飾って・・・

そうやって色んな思いを廻らせて、楽しんで、ずっと大切に使い続けてくれること。

これが出来る人は、本当の意味で「家を愉しむ」ことができる人だと思います。



こうしてコントラストの効いたこの家のデザインは、

ワタシ達つくる人側からバトンを託されて、

ここで暮らす人によって、これから益々進化していくことと思います。



お手洗も、ここだけクロスの柄を変えましたが、

全体の雰囲気にあっていました。



「用を足す場所」だけでない捉え方をされた飾り棚。

ここも既に色づけが始まっていました。



+ + + + + + + + + +



さて、今回のS邸も、また以前ご紹介したCalen邸■■■もそうでしたが、

内装材や設備機器等は、

非常に一般的なメーカーの、一般的なグレードのものを使用しています。

勿論それぞれに住まいに対するこだわりや思い入れが深い方々だったので、

ある一定レベルのグレード以下には落とさないように選んでいますが、

かといって目が飛び出るくらいのビックリ価格の輸入物とかも

特に使用はしていません。

当然コストも一般的。

決して「安い」わけではないですが、常識的なコストです。

でも、それぞれにそこで暮らす人たちの個性や趣向が反映されて、

ぐっと雰囲気のある内部空間ができあがりました。

住人の匂いがなんとなく感じられる空間になっていると思います。

このように、数あるカタログやサンプルたちの中で、

どんなものに目が留まり、どんなものを選んでいくか。

その違いによってだけでも、限りなく可能性は広がって、

完成後の空間の魅力も大きく変わってきます。



ワタシ達のお仕事は、

そんな方々の夢や希望を引き出しつつ、

(どんなテイストを好んでいるか、どんな家に住みたいかを外さずに把握して)

ひとつひとつ彼らの望むものに近づけるように道案内をしながら、

(彼らの好みの素材や機器類を

コストも考慮しながらもセンスよくピックアップして提示して)

更に全体的なバランスが崩れたりちぐはぐになってしまったりしないように、

軌道修正をしていくような感じです。



でも、最終的に「これ!」と思うものを選ぶのはお客様次第。

なのでやっぱり暮らす方々自身が「何を選択するか?」

そして「この空間をカッコよく使いこなす・住みこなすぞ!」という

心意気と勇気、思い切りのよさがあってこそ、実現できるものなのだと思います。











PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
♪♪♪
ひゃぁぁ☆かっこいい!!
我が家も、好みです!この感じ☆
オットも写真に釘付けでした!
アレンたんも現場チェックですね。
お気に入りのご様子(笑)
S邸さんも、
楽しい毎日がはじまりますね♪
我が家もおかげさまで、バンバン楽しんでますよ~。ますます愛着がわいて、
本当に愛しい我が家です。
完成おめでとうございます!

Calen URL EDIT
at : 2007/11/18(Sun) 23:20:17
Calenさん♪
Calen家でもご好評だったのは嬉しい限りデス。今まだお施主さん、ネットに繋がらない環境なので、お引越がひと段落したらじっくりこちらも覗いてもらおうと思っています。完成祝いのコメントも、喜ぶと思います♪
アレンたんも現場チェックで走り回ってました。ネコとお互いを探りあいながら、微妙な距離を少しずつ縮めてたりして・・・
masu EDIT
at : 2007/11/19(Mon) 12:32:39
この度は
Masuさん、この度は本当に何からなにまでお世話になりありがとうございました!
「例えばこんなのとか~」等と私が何気なく口にした事まで「あれ~あの後考えてみたんだけど~」とちゃんと覚えていてくれたり、何かあってもスグに相談できたり、Masuさんのキメ細かいフォローには、本当に感謝感激です!もともとの配置が跡形も無くなっているMasuさんの考えてくれた図面を初めて見た時も驚きましたが、あんなボロ屋がこんな風に変身~してしまうなんて! 
アレンたんの配された(笑)写真もイイです!ママに見せたげよっと! なんせアレンたんを始めて見た時、可愛さのあまり涙してしまったくらいですから。笑

昨日は、仕事してる場合じゃない!と会社ズル休みしてIKEAに家具買いに行ってきちゃったし♪笑 早く家具や小物達を飾りたくてウズウズしてます♪ 
一通り家具類が揃ったらまたアレンたんも一緒に遊びに来てくださいネ♪

また引続きもう一部屋のリフォームもよろしくお願い致しま~す。
Natsu EDIT
at : 2007/11/20(Tue) 16:46:05
おひさ~
すごーい!ステキだね!空間に対する
”愛”を感じるよ。
過去の無鉄砲ぶりについての記事もおもしろかった!いろいろな経験が、全部今のmasuちゃんの肥やしになっているんだね。
そうか EDIT
at : 2007/11/21(Wed) 22:30:25
Natsuちゃん
こちらこそ。今回は本当に楽しくお仕事をさせていただけました。どうもありがとう。
数ヶ月の銭湯通い、サバイバル生活もようやく終わるね。本当に長いことお疲れさまでした。ママもなんだかんだ言っても隣で工事をしていて、荷物に囲まれた窮屈な生活できっとお疲れだと思います。新居でクリスマス~年越し・・・と、のんびり疲れを癒せるといいですね~。
Natsuちゃんとママの勇気ある決断と、私の設計と業者さんの施工を信じてここまでついてきてくれたお陰で、本当にいいお部屋をつくることができました。感謝で一杯です。
これからは、Natsuちゃんのディスプレイで更に魅力溢れるお部屋に少しずつ肉付けしていってください。楽しみにしています。
あれんたんをつれてまた遊びに行きますね~!
masu EDIT
at : 2007/11/22(Thu) 10:40:18
そうかちゃん
コメントありがとう☆
今は育児でお休み中とはいえ、以前同じお仕事していたそうかちゃんにそういっていただけると、ワタシも嬉しいです。
そうそう。みんなで勉強していた頃から、ホントにいろいろやったりあったりしましたデス。お騒がせや心配させたこともあったよね~。
でも、お陰で今はそれら全てがいい経験となり、仕事にも育児にも全然別の形で活かされてることもあったりします。
これからもあたたかく見守っててね。
ねぇさん!
masu EDIT
at : 2007/11/22(Thu) 10:45:13
TRACKBACK URL 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]