忍者ブログ
ノイファイミリーの日常、息子の成長など・・・
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
383  382  381  379  378  377  374  375  373  372  371 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日告知させて頂いた、新聞広告掲載のお知らせ■■■

新聞を取っていない我が家なので、

制作者さんからの記念掲載紙が送られてくるの待ち...という状況で、

ようやくどんな広告になったのかを見ることができました。

先にご覧頂いた方々、ありがとうございました。



全体的にはこんな感じの紙面一枚まるごとつかった広告です。

ポラロイド写真が並べられて、そこに写されたいろんな仕事をする「手」が、

その仕事、その人生、その生き様を物語っています。

ワタシの手は、一番左端に...



こんな風に、撮って頂きました。

手作りビーズの得意な友人が作ってくれた指輪付きで。

こうして見ると、決して美人じゃあないけれど、なかなか味のある顔した手です。

若い頃から、コンプレックスでしかなかった、

ごつごつとした、皺だらけの、太い指の、色も黒い、痛々しい手なのですが。

なんだか不思議と、ワタシの手ってこうした幸運を呼んでいたりします。

今回のような全国紙の広告に掲載されるなんていう快挙もそうですが、

以前この職業を目指した時に、学業を終えていざ就職となった際にも、

実はこの無骨な手が一役買ったということがありました。

今を遡ること十数年前。

ワタシがこの仕事に就く時もがくっと景気が悪くなって、

就職先を探すのにも本当に苦労しました。

最初に入る設計事務所の募集も例に漏れず、

本当に小さな数人の設計事務所の募集に約100人の応募者があったそうです。

その100人の中で、何故にこのワタシが残って採用されたのかを、

一度所長に聞いたことがありました。

当時は今と違って勿論若くて、そこそこ可愛かったですからね。

どうせ顔で選んだんだろう...なーんて思いっきり自惚れておりましたら、

意外な返事が返って参りました。

「働きものの手を、していたから」



そんなことで、採用されるのか?

今とはまた違った時代で、いい意味での「ゆとり」も、

あったのかもしれません。

ちょっとした隙間だったり、ニッチなところに食い込んだだけなのかもしれません。

でも、そんなきっかけでもそこで仕事をさせてもらえたお陰で、

今のワタシに繋がっている...

そんなことも、今回の撮影を経て思い出しました。

世の中には、どこにどんな縁やラッキーや運が、

ころがっているかわからないなと思います。

自分ではコンプレックスと思っていることも、

見方を変えたら、何か違った魅力になりうるのかもしれません。



本当に思いもかけないところからのお話でしたが、

こうして、ひとつの自分の生きている「あかし」として、カタチとして頂けて、

嬉しいなと思います。

たいせつに、保存しておきたいと思います。





PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アーカイブ
最新コメント
[02/07 taka]
[11/24 春]
[06/18 tomoママ]
[06/15 後藤亜紀]
[04/25 後藤亜紀]
プロフィール
HN:
masu
年齢:
47
性別:
女性
誕生日:
1969/09/27
職業:
一級建築士
趣味:
しばらくおあづけ状態ですが、スケッチブック片手にふらふらする一人旅
自己紹介:
世田谷で、夫婦二人の一級建築士事務所をやっています。新築マンションからデザインリフォーム等をはじめ、様々な用途の建築物の設計に携わっています。基本呑気な夫婦で更新ペースもぬるーく、更新内容も仕事に限らずゆるーく、でもていねいに、綴っています。
mail
お問い合わせ、メールはこちらへ masumka19690927@me.com
バーコード
フリーエリア
"masu" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]